投稿者:ゆきさん

こないだ学校(大学)で漏らしてしまいました。
私はトイレが近いので、生理でない日も夜用のナプキンをしたりします。それで過去に何度か助かったことがあります。
その日もナプキンをしていたので、多少のお漏らしは大丈夫だと、自分でも油断していました。
いつものように講義中に尿意を催したので、その尿意が激しくなる前にナプキンに少しだけお漏らししようと思い、ひそかにそして故意にお漏らしを実行。
私は過去にもそれで何度か大惨事から免れたので、今回も大丈夫だと思ったのですが・・・
おしっこを止めようとしても止まらない。
見る見るうちに、いずからポタポタとしずくが落ち、そして、もう絶望だと思った瞬間に、バシャバシャという音とともに、大量の水溜りを足元に作ってしまいました。
周りにいた友達が何人か駆け寄ってきてくれましたが、私はあまりの恥ずかしさにとっさに仮病を使うことを思いつきました。
机に頭を伏せ、わざとしんどくてトイレにも行けなかった振りをしました。
友達はとても心配してくれ、学校の医務室につれていったくれ、私はそこでしばらく休んでから帰ることにしましたが、後で考えると、それまであんなに元気だったはずの私が急にああなるわけないよなあと思いながら、結局仮病もバレバレだったかな?と思うと、(子供じみた真似をした自分が)余計にはずかしかったです。