投稿者:チーズさん

私は小学校のとき、牛乳を3本飲みました。
その前は体育で、私は体育が大得意だったのでいっぱい動き回ってのどが渇いていました。
そして、下校時刻に、尿意は突然襲ってきました。
下校している途中にもう、もれそうでもれそうで
少しずつ歩いていたらトイレが見えました。
そして、喜びながら入っていくと、「使用禁止」の文字がありました。そこで私は絶望感ですごく切羽詰りました。私はとりあえず家まで持ちこたえることにしました。そして、家に着いたときに、あけてみたらドアが開かなくてチャイムを鳴らしてみたら、「はいはい。いまでるから。」といって、そのまままったく出てこないのです。そして返ってきた言葉は、トイレ行ってるからもう少し待って。です。
私は「まだでないのかなぁ。」となきながら思っていたらついに限界が来てもらしちゃいました。
そしてお母さんがでてきて、「ごめんね。」といってくれました。